コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2012年第19戦 アメリカGP決勝

ハミルトンかっこよす!

決して好きなドライバーではないのですが、
(マクラーレンだから・・という理由で)
今回のハミルトンはかっこよかったですね!

最近のメルセデスGPを見ると
本当になんでこんなチームに・・と思いたくなります。

では、結果

F1第19戦アメリカGP決勝
順位 ドライバー コンストラクターズ
01. ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
02. セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
03. フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
04. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
05. ジェンソン・バトン(マクラーレン)
06. キミ・ライコネン(ロータス)
07. ロマン・グロージャン(ロータス)
08. ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
09. パストール・マルドナド(ウィリアムズ)
10. ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)
11. セルジオ・ペレス(ザウバー)
12. ダニエル・リチャルド(トロ・ロッソ)
13. ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
14. 小林可夢偉(ザウバー)
15. ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)
16. ミハエル・シューマッハ(メルセデス)
17. ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム)
18. ヘイキ・コバライネン(ケータハム)
19. ティモ・グロック(マルシア)
20. シャルル・ピック(マルシア)
21. ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRT)
22. ナレイン・カーティケヤン(HRT)

アメリカGP


ベッテル 273P
アロンソ 260P

13P差で最終戦へ

波乱の起こるインテルラゴスですがまぁ
9割がたベッテルでしょうね。

アロンソがWC獲得するとしたら
「ベッテルのリタイア」以外の要因がありません。

さて、マッサの故意のグリット降格について
賛否両論ありますが、
以前も書いたとおり、F1はチームプレイですので、
戦略の一つとして、えぃご的には全然OKです。


実際に見たことはないのですが、
自転車のロードレースではチームプレイが当たり前で、
風除けや、ライバルへの当て馬等、
エースのために犠牲になる選手がいるそうです。

近藤史恵さんの「サクリファイス」という小説を読んだだけの知識ですが・・
これもチームプレイの一貫かと。
ブラジルGPのFP中に森脇さんも例に出してましたね。

それにしても
偶数列のスタートは本当にひどかった。。
フェラーリの判断は正解でしたね。


最終戦ブラジルGP
もう今年の見納めですね・・はやい・・
ベッテルのWCでいいので、盛り上がるレースになってほしいです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。