コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2013年第9戦 ドイツGP決勝

またかなり遅れての更新。
記憶がかなり薄れています(;´・ω・`)ゞ


今回のレースは予選からですが、
タイヤ戦略がチームによって分かれていて
それがレースを盛り上げたと思います。

予選を捨て、プライム(ハード)タイヤスタートを選択したフェラーリ。
タイヤに優しいが自慢のロータスも他チームとは異なる戦略でした。

その結果、、の影響があまりわからないのですが、
結局ベッテルかよっ!のレースでした。

ドイツGP表彰台

F1第9戦ドイツGP 決勝レース

1 S.ベッテル レッドブル
2 K.ライコネン ロータス
3 R.グロージャン ロータス
4 F.アロンソ フェラーリ
5 L.ハミルトン メルセデス
6 J.バトン マクラーレン
7 M.ウエーバー レッドブル
8 S.ペレス マクラーレン
9 N.ロズベルグ メルセデス
10 N.ヒュルケンベルグ ザウバー
11 P.ディ・レスタ Fインディア
12 D.リカルド トロロッソ
13 A.スーティル Fインディア
14 E.グティエレス ザウバー
15 P.マルドナド ウイリアムズ
16 V.ボッタス ウイリアムズ
17 C.ピック ケータハム
18 G.バン・デル・ガルデ ケータハム
19 M.チルトン マルシャ
R J-E.ベルニュ トロロッソ
R J.ビアンキ マルシャ
R F.マッサ フェラーリ


ライコネンは最後タイヤ交換が必要だったのか?

と川井ちゃんをはじめ、誰もが思ったこと。
まぁ実際、交換しなかったら崖が来て後退したかもしれない。
それに1回目のピットストップも早くてへんな感じはしたよね。
トラブルか何かわからないけど、
ライコネンを優勝させない目に見える力と見えない力が働いている気がします。

さて、フェラーリは、「奇策に出るも結果は実らず。」といったところでしょうか。
正直、他チームと同じ戦略にしてもこのくらいの順位かな?ってところな気がするので、
成功でも失敗でもない感じ。

ただ、表彰台にも上がれずっていうのはチャンピオンシップ的に痛いよね。

レッドブルは安定してるなぁ~
悪くても表彰台には上がれそう。ベッテル母国優勝おめでとう♪(o´∀`b)b♪
ウェーバーさんは負のスパイラルからいつ抜け出せるのか。
最後のシーズンなのでいい走りしてほしいです。

そして、メルセデスはやっぱりまだレッドブルの対抗馬としては安定性に欠けるね。
ハミルトンもロズベルグもガンバレー!


レースの内容としては今年1番おもしろかったレースなのではないでしょうか?

ドイツGPデータ

さて、今週末からハンガリーGPです。

そして前回ドイツGPでのタイヤ脱輪事故を受け、
ピットレーン制限速度が時速100km→80kmに引き下げられました。
ピットストップでのロスタイムが大きくなるということは
ピット回数を減らせるロータスにとっては朗報?でしょうかね。

では、また。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。