コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2013年第11戦 ベルギーGP予選

長い長い約1ヶ月の休みが終わり、やっとF1再開です

さすがのスパウェザー!!
コロコロと変わる天候に苦悩するチーム
そして、、、、

なにやっとんじゃーフェラーリ


雨がらみの予選ですが、トップ3は見慣れた光景

ベルギー予選3


順位結果/F1第11戦ベルギーGP 公式予選

1 L.ハミルトン メルセデス
2 S.ベッテル レッドブル
3 M.ウエーバー レッドブル
4 N.ロズベルグ メルセデス
5 P.ディ・レスタ Fインディア
6 J.バトン マクラーレン
7 R.グロージャン ロータス
8 K.ライコネン ロータス
9 F.アロンソ フェラーリ
10 F.マッサ フェラーリ
11 N.ヒュルケンベルグ ザウバー
12 A.スーティル Fインディア
13 S.ペレス マクラーレン
14 G.バン・デル・ガルデ ケータハム
15 J.ビアンキ マルシャ
16 M.チルトン マルシャ
17 P.マルドナド ウイリアムズ
18 J-E.ベルニュ トロロッソ
19 D.リカルド トロロッソ
20 V.ボッタス ウイリアムズ
21 E.グティエレス ザウバー
22 C.ピック ケータハム


[オートスポーツweb 2013年08月24日]

まず予選Q1→Q2→Q3とそれぞれ変わる路面状況

Q1:ウェットからドライへ

路面コンディションが終わりに近づくにつれて良くなるという路面コンディションの中、
マルシャ2台とケータハムのヴァンデルガルデがスリックタイヤで賭けにでてQ2進出!
トロロッソ2台とウィリアムズ2台がQ1落ちという・・
決勝のスタートこぇーなww

Q2:ドライ

ドライなので順当に順当なドライバーがQ3進出
(ハミルトンがギリギリ10番手でヒヤヒヤしたけど・・)

Q3:ウェット

Q3開始直前、またもや降りだすスパの雨
路面が濡れる前に早く走ったもの勝ちとレッドブル、メルセデスが出口に並ぶと
一歩遅れるフェラーリ・・
開始と同時にディレスタ以外はコースへ

ところがスリックタイヤで走れる状況ではなくみんなピットへ戻ることに

待機していた為、一足先にインターミディエイトで登場のディレスタが
トップタイムを出す。
決勝さながらのタイヤ交換で2番目に出て行ったマッサが2番手タイムを出す。
(どうしてフェラーリはマッサ優先だったのか・・?)

路面状況が悪化し、タイムを上回れないその他ドライバー達
このまま決まるかと思いきやセッション終了に近づき路面状況が改善!
というわけで最終的には後から走ったドライバーがどんどんタイム更新し
いつものトップ3になったという・・

諦めてガレージに戻っていたマッサ・・
いいところで走れずミスもしたアロンソ・・
フェラーリ何やってるんすか?川井ちゃんも呆れますわ


それでもまぁ先の読めない面白い予選でした。
決勝も雨なのかなぁ~?
スタート直後の混乱を期待するような期待しにような

それにしても高低差のあるいいコース!
やっぱりスパはいいですね~

でゎまた
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。