コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2014年第1戦 オーストラリアGP決勝

2014年の開幕戦 オーストラリアGPの決勝
ポディウムには見慣れない顔が並びました。

2014Aus決勝

残念なことに、リカルドは燃料流量違反で失格となってしまいましたが。
ベッテル、ハミルトン、アロンソは今でももちろんすぐれたドライバーですが、
やっぱりたまには違う顔ぶれ、フレッシュな顔ぶれも見たいですからね


そしてぶっちぎりで優勝したロズベルグはなぜ、
いつも優勝しても印象に薄いのでしょうか。。
今回も完全にリカルドに話題を持っていかれています。

では、順位を

2014年F1第1戦オーストラリアGP決勝

01. ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
02. ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)
03. ジェンソン・バトン(マクラーレン)
04. フェルナンド・アロンソ (フェラーリ)
05. ヴァルテリ・ボタス(ウィリアムズ)
06. ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
07. キミ・ライコネン(フェラーリ)
08. ジャン-エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)
09. ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
10. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
11. エイドリアン・スーティル(ザウバー)
12. エステバン・グティエレス(ザウバー)
13. マックス・チルトン(マルシア)
 - ダニエル・リチャルド(レッドブル)
 - ジュール・ビアンキ(マルシア)
 - ロマン・グロージャン(ロータス)
 - パストール・マルドナド(ロータス)
 - マーカス・エリクソン(ケータハム)
 - セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
 - ルイス・ハミルトン(メルセデス)
 - フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
 - 小林可夢偉(ケータハム)

思ったより完走率がよかったです(どんなん期待してたんだかw)
でもやっぱりスタートは1回では始まらなかったですね。
期待を裏切らないマルシャでした。

やはり、メルセデスPU陣が強かった。
そんな中でも、なぜか不運なハミルトン。ぜひお払いにでも行ってください。

あと、かわいそうだったのはマッサですね。
同僚ボッタスがいい走りを披露していたのだから、当然悔しかったと思います。
カムイのはブレーキトラブルということですが、それにしても危ないし、不運。
ストレスでマッサの髪の毛が余計抜け落ちないことを願います。

そして、今年の新人はいいですね!
もちろん比較的いいチームに加入できたということもありますが、
マクラーレンのマグヌッセンはいきなりの表彰台ですし、
トロロッソのクビアトも入賞。
今後に期待ですね!

ベッテル、ハミルトンがリタイアする中、
さすがのベテランバトンがするするっと4位(3位)に上がってきました。
うまいなぁーと感心します。

一方のフェラーリはというと、、
なによりもまず遅すぎるということ。なんというか勝負になっていない感じ。
速さがなく、オーバーテイクもできない。
ドライバーは素晴らしいメンツなのに、宝の持ち腐れ状態。
見てて悲しい気持ちになりました。。
結果として、4位アロンソ、7位ライコですが、
SC時の同時ピットでライコは割り食ってしまった感じですね。

前半戦はメルセデス無双となりそうな、第1戦でした。
早く開発追いついてほしいところですが、、難しいだろうなぁ・・


レギュ変更後初めての決勝レースを見て思ったのが、
昨年は画面でKERSの残量や使用時がわかりやすかったのですが、
今年からはERSになって使用時もわからないので、
それぞれペースの差がわかりづらくなってしまった気がしました。
そのため、バトルの面白さが半減してしまったような。。
それってどうなんですかね。


今日は、まとまりもなくごちゃごちゃ思ったことを書いてしまいました。
次はマレーシアGPです。でゎまた
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。